学校行事・授業

1週間の調理実習!

ゴールデンウィークが明けて元気に登校してきた生徒たち。

休み明けから立て続けに、午前中は座学、午後からの調理実習と、1週間はあっという間に過ぎていきました。

 

5月6日(木)

ホテル日航ノースランド帯広 総料理長 藤原隆一先生による「大根の桂むき」と「豚汁」の日本料理実習。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本料理の基本の桂むき。正しい姿勢と包丁を上下に小さく動かすのがコツ。薄さは、文字が透けて見えるくらいを目標に!

 

 

 

 

5月7日(金)

カクテル・ショットバー「a・glass」バーテンダー柴田輝先生による「カクテル講習」と「フルーツカット講習」

はじめに、カクテルの由来や歴史についてお話を頂き、その後、フルーツの飾り切りを教えて頂きました。

りんご、パイナップル、グレープフルーツをペティナイフを使ってのカッティング。断面も綺麗で、食べやすく、美しく盛り付けます。先生のスーツ姿や立ち振る舞いがとても素敵でした。

6月11日(金)には、48期生初めてのフルーツカットコンクールを迎えます。柴田先生に教えていただいたことをベースに、4人1班で考えたレシピをそれぞれ役割分担をし、協力してフルーツ飾り切りの盛り合わせを作り上げ、競います。

生徒たちは、これからコンクールに向けてそれぞれ練習を重ねていきます。当日は素敵な作品を作ってくれることと思います。

 

5月11日(火)

ラ・ステラポラーレ オーナーシェフ 西澤孝昌先生による西洋料理実習。

 

 

 

 

 

 

メニューは「鶏肉のカチャトーラ」、「マッシュポテト」です。カチャトーラの意味はイタリア語で「漁師風の・・・・』という意味。鶏肉は皮の方から焼き、表面をパリっときつね色に。白ワイン、白ワインビネガーを入れ、煮詰まったらフォンドボー、きのこ、アンチョビを加え煮詰めます。

カチャトーラは鶏肉が柔らかく、最後に加えたバターがよりいっそうのコクを増しました。

 

 

 

 

 

 

5月12日(水)

「美珍楼」専務取締役 鈴木邦彦先生による「軟炸子鶏(若鶏のから揚げ)」と「奶油蝦仁(海老のマヨネーズソース)」の中国料理実習

 

 

 

 

 

 

細やかなご指導をいただき、学生同士支えあいながら料理と向き合います。

春雨を油で揚げて「かご」を作り、その中に盛り付けました。

 

 

 

 

 

 

5月13日(木)

日本料理「八寸」の店主、木幡好斗先生による「海老の三色揚げ」と「野菜の白和え」の日本料理実習

 

 

 

 

 

 

「立て塩」という濃度3%の食塩水を作って昆布を加え、きゅうりと人参をつけてしんなりさせます。

[野菜の白和え]

きゅうり、人参は立て塩、干し椎茸、こんにゃくは煮て味をつけました。材料一つ一つに丁寧な下ごしらえしてから、白和えにしています。

 

 

 

[海老の三色揚げ]

海老は表面にピーナッツ、枝豆、あられをつけて揚げました。いつもの海老が衣を変えて、カラフルに華やかに仕上がりました。

 

  • この記事を書いた人

帯広調理師専門学校

一流の講師陣から直接テクニックを学べる。多くの経験が積める特別実習が豊富。年3回のコンクール参加でスキルアップを目指せる。資格がたくさん取得できる。十勝の食材・環境を活かしたカリキュラムで皆さんの学びをサポートしています

-学校行事・授業

© 2021 帯広学園グループ 帯広調理師専門学校