学校行事・授業

6月22日 フルーツカットコンクール

6月22日(金) 「フルーツカットコンクール」が行われました。

45期生にとって、初めてのコンクールです。1班3〜4人の10班対抗で競います。

材料はグレープフルーツ、りんご、パイナップルの3種類。

これらをカットし、食べやすく、美しく盛りつけます。

創造性も問われますが、あくまでお客様が食べやすいということが基本です。

張り詰めた空気の中、スタート! ペティナイフを黙々と動かして、担当のフルーツをカットします。カットされたフルーツをチームで協力して盛りつけます。

 

時間は15分間。1秒でも超過すると、失格となってしまいます。

 

審査員による厳正な審査の結果、いよいよ順位発表です。

入賞した皆さんです。おめでとう!

金賞 3班「恵み」

銀賞 7班「emplir」

 

銅賞 1班「Leaving the nest 〜巣立ち〜」

 

審査員の柴田様(バーテンダー協会帯広支部)から「最初に講習で教えに来た頃と比べると、皆さん格段に成長しています。順位はつきましたが、ほんとうに僅差です。」とお褒めの言葉をいただきました。

 

その僅差の理由は、可食部、包丁の扱いが影響したということ、技術や美しさを追求するだけでなく、食べ物を扱っているということを意識してほしい、最も大切なのは、食べるものを作るということはお客様の信頼、信用を得るということ等々の講評をいただきました。

 

連日、居残りして練習していた生徒たちは、コンクールを終えて一様にほっとした表情をしていました。

このコンクールを終えて感じるのは、「実際に手を動かす」つまり「練習する」ことが大切だということ。

来週は、期末試験。一息ついたら、また頑張る生徒たちです。

 

 

  • この記事を書いた人

帯広調理師専門学校

一流の講師陣から直接テクニックを学べる。多くの経験が積める特別実習が豊富。年3回のコンクール参加でスキルアップを目指せる。資格がたくさん取得できる。十勝の食材・環境を活かしたカリキュラムで皆さんの学びをサポートしています

-学校行事・授業
-

© 2020 帯広学園グループ 帯広調理師専門学校