その他 学校行事・授業

9/3 製パン実習

9月3日(金) ル・カルフール 牧野店長による製パン実習。

メニューは「フランスパン」です。

強力粉、塩、水、ドライイーストを入れて生地をこねます。

発酵途中で一度パンに切り込みを入れます。これを「クープを入れる」といいます。

シンプルな材料で仕込むフランスパンのようなハード系のパンは膨らむ力が弱く、オーブンに入れると膨らむより先に、周りが焼き固まってしまいます。
そこで、パン生地が膨らむ助けとして必要なのが、クープ入れです。クープを入れると、火の通りがよくなったり、見栄えも綺麗になります。フランスパンにはこの作業が必須です。

焼き上がったら、照焼きチキンと野菜をはさんで・・・。

 

食べ応えもボリュームも大満足です!!

  • この記事を書いた人

帯広調理師専門学校

一流の講師陣から直接テクニックを学べる。多くの経験が積める特別実習が豊富。年3回のコンクール参加でスキルアップを目指せる。資格がたくさん取得できる。十勝の食材・環境を活かしたカリキュラムで皆さんの学びをサポートしています

-その他, 学校行事・授業

© 2021 帯広学園グループ 帯広調理師専門学校