その他 学校行事・授業

9/1 中国料理実習

9月1日(水) 漆原先生による中国料理実習

メニューは、「葱爆墨魚(チョンバオモーユイ)」、「炒飯」です。

 

まずは「葱爆墨魚」。イカとネギの塩だれ炒めです。

花が開くように切り込みを入れたロールイカを揚げ、ニンニク、鷹の爪、椎茸、ネギと塩だれで手早く炒めたシンプルな一品です。

 

「葱爆墨魚」香ばしさとピリ辛さが引き立てられた一品。

 

続いて「炒飯」。中国料理といえば・・・の鉄板料理です。2学期中国料理の実技テストの課題料理となっています。

まずは漆原先生のお手本から。

材料はご飯、小ねぎ、卵。調味料は醤油、塩、胡椒、味の素。8分で調理、後片付けを全て行います。プロの鍋さばきと手際の良さをみながら、皆の表情は真剣そのものでした。

その後、ひとりずつ中華鍋をふって炒飯を作りました。

中華鍋で炒飯を煽る(あおる)のはコツが必要で、悪戦苦闘した人もいました。

ご飯をパラパラに仕上げるのが大変!

 

「炒飯」 しっかり準備することが大切です。早くて出来て、美味しく、きれいな作業を目標に練習あるのみ!!ですね♪

  • この記事を書いた人

帯広調理師専門学校

一流の講師陣から直接テクニックを学べる。多くの経験が積める特別実習が豊富。年3回のコンクール参加でスキルアップを目指せる。資格がたくさん取得できる。十勝の食材・環境を活かしたカリキュラムで皆さんの学びをサポートしています

-その他, 学校行事・授業

© 2021 帯広学園グループ 帯広調理師専門学校