その他 学校行事・授業

1/26 中国料理実習

1月26日(水)漆原先生による中国料理実習。

 

メニューは「東坡肉」、「小籠包」です。

 

皮から溢れ出るアツアツの汁が小籠包の醍醐味。
その元になる「煮こごり」は、鶏がらスープにゼラチンを混ぜ作りました。

ひき肉、ねぎ、生姜、ラードをよく混ぜ、最後に煮こごりを加え、一度冷蔵庫で冷やします。
その後、皮で包んだら蒸していきます。

東坡肉(トンポーロー)は前日準備で、豚肉の塊を下ゆでし、焼き色をつけ調理料に漬け込んでおきます。
当日、スチームコンベクションで熱を入れました。

 

「小籠包」一口かじると、ジュワッとスープが溢れ出てきます。

 

「東坡肉」お肉がとても柔らかでジューシー!

 

漆原先生、最後の授業でした。

「社会に出たら、まず職場に慣れてください。そこから自分の力をつけて頑張ってほしい」とエールをいただきました。先生、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人

帯広調理師専門学校

一流の講師陣から直接テクニックを学べる。多くの経験が積める特別実習が豊富。年3回のコンクール参加でスキルアップを目指せる。資格がたくさん取得できる。十勝の食材・環境を活かしたカリキュラムで皆さんの学びをサポートしています

-その他, 学校行事・授業

© 2022 帯広学園グループ 帯広調理師専門学校