学校行事・授業

7/19(木)日本料理実習

今日は藤原先生による「鮭の友禅焼き」、「管牛蒡のほたてしんじょう入込み」、「花蓮根の金平、甘酢漬け」

を作りました。

 

来月に初の個人戦のコンクールがあるので、今日のお料理はかなり参考になった様子でした。

色鮮やかな鮭の友禅焼きは、以前他の授業で習った卵の素(卵黄にサラダ油を少しづつ混ぜるもの)を使い、

きれいな黄色が映えるお料理です。

 

花蓮根では、蓮根の穴に沿って切り、お花を模った飾り切りです。

金平と甘酢漬けの2種類に調理しました。

 

管牛蒡は、茹でて芯を抜くように金串を差込み、一周させます。するときれいにポンッ!!

そこに、ほたてしんじょうを絞り袋に入れて絞り、蒸してからフライパンで照りダレを絡める。

脇に添える一品の出来上がり。

 

  • この記事を書いた人

帯広調理師専門学校

一流の講師陣から直接テクニックを学べる。多くの経験が積める特別実習が豊富。年3回のコンクール参加でスキルアップを目指せる。資格がたくさん取得できる。十勝の食材・環境を活かしたカリキュラムで皆さんの学びをサポートしています

-学校行事・授業
-

© 2020 帯広学園グループ 帯広調理師専門学校