学校行事・授業

6月19日 フルーツカットコンクール

6月19日(月) 「フルーツカットコンクール」が行われました。

44期生にとって初めてのコンクール。実習班8班で競います。

材料はグレープフルーツ、りんご、パイナップルの3種類。

これらをカットし、食べやすく、きれいに盛り付けます。時間は15分間。

張り詰めた空気の中、スタート! ペティナイフを黙々と動かします。

15分間はあっという間。「集中した時間は本当に早かった。」と生徒は語っていました。

審査員の桂木様(バーテンダー協会帯広支部)は「1ヶ月前に講習で教えに来た時より上手になっていて驚きました。」とお褒めの言葉。

そして、このフルーツの盛り合わせはカット面がいかにきれいかが重要だということ、違うフルーツ通しをくっつけて盛り付けない、

食べやすくカットする 、衛生面に気をつける等々の講評をいただきました。

 

入賞した皆さんです。おめでとう!

金賞 6班「水辺のほとり〜花と城〜」

 

銀賞 3班「飛べイルカ−まだ見ぬヒカリを求め−」

銅賞 4班「Phanerogam〜草花の輝き〜」

 

「とても緊張しました。」、「なかなかみんなで練習する時間が少なかったけれど、頑張りました。」と生徒。

このコンクールを終えて感じるのは、「実際に手を動かす」つまり「練習する」ことが大切だということ。

何事にも通じることだと思いますが、たくさんの経験を積むことが自分の成長になります。

練習あるのみ。次の実技テスト、コンクールに向けて頑張りましょう!!

  • この記事を書いた人

帯広調理師専門学校

一流の講師陣から直接テクニックを学べる。多くの経験が積める特別実習が豊富。年3回のコンクール参加でスキルアップを目指せる。資格がたくさん取得できる。十勝の食材・環境を活かしたカリキュラムで皆さんの学びをサポートしています

-学校行事・授業
-

© 2020 帯広学園グループ 帯広調理師専門学校